スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡裁分和解 進捗状況vol.9

一昨日、事務所から電話があった。

過払い訴訟中の1社。
これは既に完済していた業者の過払い請求。
しかしココは消費者金融で過払い請求訴訟でいつも法人税云々を言い出すところ・・・
こんな表現すればもう判っちゃいますね。

そして私の場合も例外なく訴訟へ発展。

ただ、金額面でココは事務所が代理権で交渉をして下さいました。

事務所からは『こちらの請求額●●万に対し債権者側から和解提案額として●●万円を提示されてますがどうでしょうか?』とのこと。

事務所的に『これではちょっと・・・・変な汗』って言うような金額ならきっと電話で連絡してくるはずがありません。そのまま訴訟をしている事でしょう。

コチラに連絡をしてくる時点で私としては事務所的にも和解を薦めているものと判断してます。

私もですが旦那とも常々話していますが、事務所に依頼した時点で全てを一任しているので口出しするつもりも無ければ異議もありません。

なので今回も和解して頂く事にしました。
これで事務所の方も私の代理として簡裁に出廷される手間も終了しますし・・・


私の任意整理は過払い請求がメインではありません。

任意整理の目的・・・それは借金生活から一日も早く更生して健全なマネー生活を手に入れること。
これが私と旦那の最大の目的なのです。
なので過払いは私にとっては任意整理についてきた付録的なこと。
なので拘らないのが正直なところ。←でもちゃんと頂いちゃいますが・・・( ̄∀ ̄*)イヒッ☆

それよりも一日も早く解決して欲しい。それが何よりも望む事なのです。



残すは私が出廷する地裁分のみ。(3社請求分)

今のところは進捗なしのようです。
事務所からはまた詳細の連絡が事前に貰えるようなのでそれまでは今までどおりで・・・

スポンサーサイト

弱いなぁ

残債務がはっきりして支払いも今月末から始まると言うのに・・・何だか落ち着かない。

ナンデ?

きっと来月に出廷する地方裁判所の訴訟が気になるから・・・

勿論、事務所からの途中報告も今のところありません。
期日内に訴外和解できれば良いのですが出来なければ、次の裁判出廷時には債権者側も出廷されることでしょう。
それが気になって仕方ありません。

出来れば期日前までに和解できれば良いのに・・・と願うばかりです。


でも・・・私の債務のために頑張って闘って下さっている事務所の方にこんな考えだと失礼ですね。

もっと強くならなきゃ!自分の事なんだからやっぱり正面から立ち向かわなくては。
自分がもっと闘わなくては・・・・

判っているけどやっぱり弱い自分がいるんです。

こんな弱い自分なのに・・・どうしてこんな借金が出来たんだろう・・・不思議。

よくどおしい

よくどおしくなったなぁ・・ってつくづく感じた。



当初、任意整理を依頼した時の気持ち(決意&考え)・・・

現名義分は退職金で支払い、旧姓名義分は取引が長かったので債務整理で圧縮してもらい残債を3年から5年かけてコツコツと返済して行き、借金の無い健全なマネーライフを手に入れようと決意していたのに・・・(以前とは逆になってますね(;^ω^))

依頼して月日が流れると共に過払いが発生したり・・・
そして今までにしたことの無かった貯蓄が増え、僅かですが退職金が手元に入り・・・
身近にお金に関することが多くなり・・・

いつの間にか当初の謙虚な気持ちが欠け始めてしまった。

気づかないうちにとってもよくどおしくなっていた。

少しでもお金を出したくない。残債の支払い計算も本当に合っているのか?とか過払いだったのでは?なんて疑ったりして・・・・

そして挙句の果てには取らぬ狸の皮算用ですが過払いの計算をしてみたり・・・。

昨日ふとそんな自分に気づき悲しくなった。

初心(原点)に戻らなければ・・・

元々は全て無かったお金借金を少しでも減らせたらそれで全てOK!って思っていた自分に戻らなくては・・・

あらぬお金を計算したりするのは止めなければ!

旦那にも念押しのように『最終的に債務が片付いたらそれで十分と考えるように・・とにかく一日でも早く借金をなくして健全なマネーライフを手に入れるのが本当の目的やで!それ以上のことは望まなくても良いから・・・初心のときに話していた気持ちを思い出してみぃ。』と言われました。

全くその通りです。

いつしか見えないお金によくどおしくなっていました。
そんな自分が恥ずかしいです。


そんな私ですが良い意味でケチになった部分もあります。
今はお小遣いの中で自分が欲しいものを買う。

なのでお鍋が¥799で売っていてもそれを買うか買わないかと散々悩み30分ぐらい悩んだ挙句、迷うぐらいなら今本当に必要ないものだから買うのは止めよう!って・・・

そんな気持ちこそ大事にしなければイケないのかな・・・って思ってます。

支払いが全て終了するまではいつまでも初心の気持ちを忘れないようにしようと改めて思いました。

残債が確定しました 進捗状況 vol.8

昨日、外出していたら携帯にTEL。

着信は事務所から・・・・

内容は全ての再計算が終了し、残債の結果報告と支払い金額の打ち合わせでした。

残債が残ったのが旧姓名義で信販系2社と銀行1社。

信販系1社は法定金利内だった為、全額債務
もう1社はクレジットでキャッシングとショッピングを利用。ショッピングは整理できない為、それはそのまま債務。キャッシングの方は取引は長かったけど平成7年から法定金利内に切り替わっていた為少し圧縮はされましたが債務が残ってしまった状況。
また同じ所でキャッシング専用のローンカードも所有していてこの分は法定金利内での取引だったらしく全額債務になった。
銀行系は保証会社が今回の整理する分に含まれていた為、対象になりましたがそのまま全額残債

でも・・・同じ支払いでも今後は金利がつかないので支払えばその分確実に減って行くので今までとは全然違います。

これで整理を依頼した業者全て再計算が終了しました。


事務所に整理を依頼した借金(内訳)

総額:7,488,802円

現名義分:2,109,566円 → 残債 0

旧姓名義分:5,379,236円 → 残債 2,353,606円

債務整理によって圧縮された金額:5,135,196円



尚、残債の2,353,606円のうち1社716,650円分を既に過払い回収した金額から一括返済をして頂く事になったので実質の残債は1,636,956円を36回払い(3年)で支払うことになりました。

今月末より支払いが始まります。
手数料を考えると勿体無い気はしますが今回は最後まで事務所を通じて返済をすることに決めました。これは当初から旦那と決めていたことです。
支払い中に不慮の事態に陥ったときに事務所を通じてれば何かしら力になって貰えます。保険と思うようにして付き合って頂きます。

残債ですが今の貯蓄で減額・・・も考えましたが先の事を考えてやはり貯蓄が無くなるのは危険と見込みコツコツと返済するスタイルを選びました。

毎月の返済額

信販系:30,000円
銀行系:14,000円
振込代行手数料:4,000円(2社分)

合計48,000円
 



今後無理なく支払える金額で設定して頂きました。

そして支払いと同時進行で過払い訴訟も進行して参ります。

初心に戻り、残債をきちっと返済して行こうと改めて決意しました。
これで金額が確定したので今後のことが具体的に考えられるようになります。
少しだけ(。´▽`) ホッとしました。


何度も言いますが私はあの時、旦那に告白して任意整理を依頼して本当に良かったと思っています。
私の借金総額であれば自己破産を宣告されても止むを得ない状態だったにも関わらず、事務所から任意整理でやってみましょう・・・と勇気付けられて事務所の方のお力によりこのようにかなりの債務圧縮をして頂きました。
もし依頼していなければ・・・と考えるとゾッとします。

これからは総量規制により借り入れが厳しくなります。今、苦しんでいる方は相談だけでも専門家にして見てください。何か良い方法が見つかるかも知れません。

最初に少しだけ勇気が要りましたがそれで新しい未来が開けるのなら・・・
頑張って勇気を出してみてください!

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

お茶漬け

Author:お茶漬け


40代のダメ嫁。
隠し続けられたら・・・と甘い考えでいたら総量規制のしっぺ返しをまともに受けてこのありさま。
でもまだ遅くない!
そう思い前向きに借金生活から卒業すべく旦那のサポートのもとで任意整理の結果に応じようと思ってます。
愚かでダメ嫁ですが旦那が見捨てない限り生まれ変わるんだ!という強い意志をもって頑張ります

最新記事

過去の日記

訪問者

カテゴリ

リンク

HSタグクラウド

カーエルの予言

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。